スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

いざ。4月公演へ!

一同、本番に向けて稽古に励んでおります。
それぞれの想いが劇団員にもあり、
みなさんにもあるとおもいます。

この公演は、答えではなく、
私達にとってひとつの大きなスタートになりました。

作品においても、劇団においても。

ぜひ皆様のお越しをお待ちしております。

※基本的にお子様のご入場は制限しておりませんが、乳幼児の方は泣いてしまう音や雰囲気かもしれません。大変恐れ入りますがご入場をご遠慮頂くことをおすすめいたします。


公演に寄せて

 本作品は、昨年の東日本大震災が色濃く影響しております。
 3.11以降の世の中を考える中で、見方・考え方を大いに変える必要性を感じています。ことに福島原発事故は私たちの世代で留まる問題ではなく、何百年、もしかすると何万年にも及ぶ問題を内含していることに愕然といたしました。表現者としてこの事を何か作品に表さずにはいられない..という思いを強烈に感じていました。我々の残したものが未来にどのような影響を与えるのだろうか?いったい、こんな恐ろしい核廃棄物を未来の子孫はどう受け止めるのだろうか?......そんな思いがこの作品を生み出しました。

 もちろん、作品全体はエンターテイメント性がたっぷり盛り込まれた遠い未来の物語になっております。ですから、テーマを含め皆さんには様々な捉え方をしていただけると思います。

どんな視点でも結構ですので、是非ともご覧いただきたいと願っております。
どうかよろしくお願い申し上げます。



シアターTRIBE 旗揚げ公演
「機甲街(きこうがい)」
~それは永遠に毒を放ち、消え去ることはない。
作・演出 永高英雄
①チラシ表

その街には、古い人類が残した遺物が保管されている。
永遠不滅の恐ろしい光の毒を発する「毒奇」。
どういう理由で作られたかはもう、誰も知らない。

「毒奇」を封じ込めるために武装され、
多くの大砲によって守られた街。
やがてその街は機構街(きこうがい)と呼ばれるようになった…

永い時が経ち、人類は再び「毒奇」に目を向ける。
それは…兵器として使用する為。

偶然この街に入り込んでしまった3人の兵士。
彼らはソレを、知ることになる。

【日時】
2012年4月28日(土)14時開演 と 20時開演
       29日(日)14時開演

※いずれも受付開始は30分前です

【会場】
ピカデリーホール
〒390-0874
 長野県松本市大手4-7-2
 TEL 0263-32-0088

【チケット】
☆プレイガイド
井上チケットぴあ
カタクラモールチケットカウンター
信州大学松本キャンパス学生生協
ピカデリーホール事務所

☆劇団窓口
電話 070-5569-9371(制作)
※留守番電話の場合はメッセージに「チケット予約」とお残しください。
E-mail saruroman+tribe@gmail.com
※件名に「チケット予約」とご記入ください


☆お近くのセブンイレブンで購入オススメ
こちらから↓
http://confetti-web.com/detail.asp?tid=111670

劇団HPは
HP-TOP-copy.jpg
http://www.theater-tribe.com/
スポンサーサイト

2012年04月10日 制作日誌 トラックバック:- コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。