スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

稽古場から~110302

3月になりまして、最初の稽古しました。

昨日はワタクシ自身が一生懸命稽古したので‥
いや、いつもなんですけどね。
まあ集中して稽古してたので写真が撮れませんでした。

想像でおたのしみください。

稽古には全て、いろんな大元のツールがあるのですが、
時間が短い為いいとこ取りで使っています。
なので、この日誌では大元のツールは書きません。
イメージ重視で記載しておきます。
もしも興味のある方は、見学含めご連絡いただければ‥

まずは、身体のストレッチ。
動きの大きいものではなく、自分の身体をよく意識しながら
いくつかの動き・呼吸とともに、じっくり身体を伸ばしていきます。
身体がフワッと温かくなってくる程度までやりました。

次に、発声。
みんな中心呼吸にそこそこ慣れてきたので、
腹圧の摺り足(2/16日誌参照)の回数が増えました。
この稽古中に知らない人が入ってきたら、
「ここは道場かしら?」と思うでしょう(笑)

もひとつ発声。
壁に身体の背面の各部位をくっつけるように立ち、
10カウントを出席人数分。
この稽古中に知らない人が入ってきたら、
「ここは自衛隊かしら?」と思うでしょう( ̄ω ̄)

ここまで一通りしっかりやると、
随分発声がしやすくなっています。

そんなわけで、稽古用脚本を読みました。
状況をイメージしながら、楽しんで元気よく!
をテーマに使用された本は後藤ひろひと大王の某作品です。
ご存知の方もたくさんいらっしゃることと思いますが、

なんせコントのような本ですから。
奇声とか、ボケとかツッコミとか。

まだまだ“上手く”はいきませんが、
時おり、読みながらプス笑いが出たりして
楽しく脚本を音読するということが始まっています。
新人チームはどうなんだろう?

今度新人チームの声もお届けしますね。

さてさて。
10代からアラファイブ(?)辺りまで年齢層がある我らが
シアタートライブですが。

みんななんとなく音楽好きメンバーということが判明してきて
今度新メンバー中心にカラオケに行ってみることになり(笑)
きっとふしぎ空間になることでしょう。
まあなんでも試していこうという‥

その様子もまた、お伝えしようと思います。
ぐふふふ。


制作/ちん
スポンサーサイト

2011年03月03日 稽古場日誌 トラックバック:- コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。