スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【4月公演】ご来場お待ちしております☆

こんにちは。
TRIBEは毎日稽古の日々です。どぅふふ。

仕上がりはまだまだまだですが、
随分と立体的になってきました。

さてさて!!!

みなさま、当日のご都合はいかがでしょうか?

そろそろチケットのお買い求め・ご予約をオススメします。

今回の作品は
お席が80名くらいの特設劇場となる予定。
お楽しみに。

よろしければ下記いずれかの方法で
または
連絡先がわかる劇団員あてに
さらに
劇団の人によく会うよ、って方は
そりゃあもう引っ捕まえて

購入またはご予約ください。

みなさまのご来場をお待ちしております。

-------------------------------------------

シアターTRIBE 第3回公演
『楽園工場』
作・演出 永高英雄
楽園工場チラシ表
宣伝美術/ベン富井

-----------------------introduction

いったい何時になったら少しはマシな選択ができるのだろう。
人類破滅寸前の過酷事故があっても、再稼動に向かう原発。
明日の暮らしを左右する選挙ですら、低投票率。

急かされる毎日に人々の関心はどんどん移ろって、
画面から世界は覗けるけれど、目の前の視界は狭まる一方だ。

未来の自分が生きるために、
今の幸せを犠牲にすることが僕には出来るだろうか?

今の世の中こそ、

きっとパラダイスだ。

でもいつか
我々はパラダイスを去らなければいけない。

人間は神から楽園を追い出された。
今度は「自分」で自分を追い立てる。

行き先はどこだ?

楽園からの...
-----------------------

【あらすじ】

東西に分裂して内戦状態になっている、日本

その真ん中、中立地帯の山中に古い漬物工場が残っていた

今、そこで作られているのは白い「粉」

工場を中心にだらだらとした毎日を営む人達
そこではその工場なりの平和な秩序が保たれている

ある日、落下傘で舞い降りてきた一人の男
その男によって変化を迫られる工場の人々

しかし
変化を起こすには、犠牲が伴うのだ。

果たして彼らはなにを犠牲にするのか?

「自分のかわりに世界が滅べ!」


【キャスト】
瀧口将臣、山田和政、内河静夏、
山本隆之、ちんてんめい、立澤由佳

伊藤利幸(信州大学劇団山脈


【日時】
2013年4月27日(土)14時開演 と 20時開演
       28日(日)14時開演

※いずれも受付開始は30分前です

【会場】
ピカデリーホール
〒390-0874
 長野県松本市大手4-7-2
 TEL 0263-32-0088


【料金~全席自由】
前売券 一般1,000円/学生 500円
当日券 一般1,500円/学生1,000円


チケットは下記にてお求め下さい


【劇団窓口】 予約受付中! 
※各種お問合せもこちらへどうぞ。

シアターTRIBE
070-5569-9371(制作ナガタカ)
Mail saruroman@gmail.com
※メールは件名に「公演問合せ」と記載願います


【プレイガイド】発売中 
井上チケットぴあ
カタクラモール
信州大学学生生協(松本キャンパス)
ピカデリーホール事務所
スポンサーサイト

2013年03月31日 制作日誌 トラックバック:- コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。